遺言執行者なび|遺言執行者について知ろう
遺言執行者でお悩みの方、是非ご相談ください!!

遺言執行者って誰?

遺言執行者とは

遺産相続などが発生する場合、遺言があれば、その故人の意志である遺言の内容を確実に実現させる必要がありますよね。
遺言の執行に必要な手続きを第三者の立場で公平に、確実に実行する為に遺言執行者がいるんです。
遺言を執行する為に任せる人を遺言執行者と呼びます。
実は遺言書は遺言書が出てきただけでは効力がないんです。
遺言書に書いてある通りに財産分与したり、死後認知の手続きなどを行ったりするには遺言執行者が必要不可欠なんです。

どんな人がなれるの?

遺言執行者は基本的に人間であれば誰でもなることが出来るとされています。
ですが、未成年者、破産者においてはその権利はありません。
では、実際にはどんな方が選ばれているのかというと、推定相続人や受遺者、弁護士や行政書士などの専門家が多いようです。
信託銀行などの法人でも遺産執行者になることができます。
法人でもなく、1人の方が遺産執行者だった場合、仮にその遺言執行者になにかあった場合どうなるのか・・・と不安になりますので、複数の方が指定されることも多いようです。
また、遺言執行者に指定されたけれど、出来ないなどという場合には、その権利を第三者に委託することもできます。

どんな時に遺言執行者が必要なの?

遺産執行者が必ず必要になる場合があります。
それは、相続人の廃除や廃除の取消、子供の認知届出です。
出来れば遺言執行者を決めておいた方がいい場合は、特定遺贈をする場合や包括遺贈で登記が必要な場合、遺産分割で土地の分筆登記をしなくてはならない場合や、遺産を売却したお金を分配する場合、生命保険の受取者の指定や変更をする場合、預貯金の払い戻しする場合、寄付を行う場合、信託の設定をする場合などがあります。

法令を確認しておこう

遺言執行者に関する法令をチェックしておきましょう。
民法1006条には遺言執行者の指定について、1009条には遺言執行者の欠格事由、1012条には遺言執行者の職務権限、民法1013条には相続人の処分権喪失が記載されています。
遺言執行者になった場合も、遺言執行者を選任する場合も一度は法令に目を通しておきましょう。

遺言執行者なびでは

遺言執行者なびでは、遺言執行者に関する情報をお届けします。
あなたがこれから遺言執行者を選任する場合、どうやって選任するのか、また、遺言で遺言執行者が指定されていない場合はどうしたらいいのか、遺言執行者の仕事とはどんなことなのかなどを御紹介しましょう。
また、遺産執行者はどの程度の報酬をもらえるのか相場をご紹介しましょう。


このページの先頭に戻る
遺言執行者なび
選任方法
遺言に指定がない場合
財産目録の調製
遺言の執行
報酬は?